TOPい戻る
会社概要 業務案内 ISOの取得 決算公告 お問い合せ

■サイトマップ
■個人情報の取り扱い


ヘッダ

当社は、すべての取引先及び関係者の個人情報を適切に管理するため、本個人情報保護方針の定めに従い、保有する個人情報を適切に取り扱うことをお約束します。なお、本個人情報保護方針中の用語の定義は、「個人情報の保護に関する法律」(平成十五年法律第五十七号。その後の改正を含みます。以下「個人情報保護法」といいます。)によります。
  • 当社は、個人情報保護法その他の関係法令、個人情報保護委員会の定めるガイドライン等を遵守し、個人情報を適法かつ適正に取り扱います。
  • 当社は、十分な安全管理措置を講じ、適法で適正な手段により、業務上必要な範囲内で、個人情報を取得します。
  • 当社は、個人情報を提供していただく際に、その取得状況から利用目的が明らかである場合を除いて、予めその利用目的をお伝えします。また、提供された個人情報は、ご本人の同意がある場合又は法令で認められている場合を除き、目的外に利用することはありません。
  • 当社は、個人データにつき、利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の内容に保つとともに、利用する必要がなくなったときは当該個人データを消去するよう努めます。
  • 当社は、個人データへのアクセス、個人情報の漏洩、滅失、毀損、紛失、破壊、改竄などのリスクに対して必要かつ適切な安全対策及び是正措置を講じます。
  • 当社は、個人データを当社の役員又は従業員に取り扱わせるにあたっては、個人情報の適正な取扱いを周知徹底するとともに適正な教育を行い、必要かつ適切な監督を行います。
  • 当社は、法令で認められている場合を除き、ご本人の同意なく、個人データを第三者に提供することはありません。
  • (1) 当社は、業務を円滑に進めすより良いサービスを提供するため、個人データの取扱いを協力会社に委託する場合があります。ただし、委託する個人データは、委託する業務を遂行するのに必要最小限の情報に限定します。
    (2) 当社は、個人データの取扱いを委託する場合には、委託先には適切な安全管理措置を講じている協力会社を選定し、委託先に対し必要かつ適切な監督を行います。
  • (1) 当社は、本人又は代理人から保有個人データの利用目的の通知の求めがあったときは、次の場合を除き、遅滞なく通知いたします。
    • 本人が識別される保有個人データの利用目的が明らかな場合
    • 本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    • 当社の権利又は正当な利益を害するおそれがある場合
    • 国の機関又は地方公共団体が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
    (2) 当社は、本人又は代理人から保有個人データの開示の求めがあった場合には、次の場合を除き、遅滞なく通知いたします。
    • 本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
    • 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
    • 法令に違反することとなる場合
    (3) 本人又は代理人から保有個人データの訂正、追加、削除の求めがあった場合には、遅滞なく調査を行い、結果に基づき適正な対応を行います。
    (4) 本人又は代理人から保有個人データの利用の停止又は消去の求めがあった場合に、求めに理由があることが判明したときは、適正な対応を行います。
    (5) 前4項の求めその他のお問い合わせ等の場合には、以下の当社窓口までご連絡ください。
〒231-0002
横浜市中区海岸通三丁目9 郵船ビル
郵船ナブテック株式会社 担当:総務グループ長
電話 045-663-1401 FAX 045-663-1420
  • 当社は、本個人情報保護方針の内容を適宜見直し、必要に応じて変更することがあります。その場合、改定版の公表の日から変更後の個人情報保護方針が適用されることになります。
郵船ナブテック株式会社
代表取締役社長 竹田 慎一